宇津帆堂雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

コードギアス最終回とか

コードギアス反逆のルル山さんが最終回を迎えました。
以下ネタバレなので注意です。

ルル山




ていうかルル山さん普通に死んだーΣ( ̄□ ̄;
いや、こんな展開だと最後には死ぬしかないとゆーのは
だいぶん前から予想はついていたわけですけども。

まーそういう意味では本当にストレートに、綺麗に終りました。
今まで予想外の超展開の連続で、笑えるくらい先が見えなかった
この作品ですが、最後にド直球で終らせたのがある意味予想外。
さすがギアスとゆーことでしょうか==


てゆーか以前シャルル皇帝が消滅するとき、ルル山さんに
サイコクラッシャーかましてたじゃないですか。
あの時VVのコードをルル山さんが継承していて、それが覚醒して
ギアスの力を失う代わりに不老不死に→CCと永遠の旅に
てゆーENDを予想してたのにっ。

ていうか割と最後の方までそー思ってみてました。
ルル山さん生き返らなかったですが==
きっとどこかで選択肢を間違えてCCエンドに行きそびれたのですね。


しかしこれでルル山さんの物語は完結しましたが
ギアスの力の謎とかさっぱり明かされないないまま終ったカンジです。
これはコードギアスなんちゃらで、また新シリーズが作れるとゆーことですよね。

ガンダムに匹敵するくらいDVDが売れたこの作品ですし
R2の売れ行き次第では可能性あるのかなーとか思ってしまいますよっ。


てゆーわけで久々に割とたのしーアニメでした。
次回が楽しみだったアニメは舞-HiMEシリーズ以来です(何。
あれもギアスの谷口監督がクリエイティブプロデューサーとか
微妙な肩書きで噛んでたよーな気がしますが。

そーいえば谷口監督のアニメはほとんど見てる気がしますが
どれも最終回が割と弱いような・・・?
満足は満足なんですけど、何かちょこっと物足りない、そんな感じが。

まー何にせよ楽しませていただきました。
ルル山さんは天に召されてしまいましたが、私の部屋のルル山さんは今
も不思議なポーズで私の机を飾ってくれていますよ><b

ルル
スポンサーサイト
[ 2008/09/28 ] | アニメとか | コメント(4)

クラウン5巻感想とか

なんじゃりゃーΣ( ̄□ ̄;
という感じで『クラウン』の5巻をやっとこさ買ってきて読みました。
作者の前作である『ドリムゴード』に続いてまた打ち切りかよとゆー話ですが。

クラウン

そんなわけで、最近では一番お気に入りの漫画だったクラウン最終巻の感想です。
クラウンはコミックブレイドで連載された中西達郎せんせーの漫画です。

ちなみにマックガーデンのサイトの立ち読みコーナーのこちら
1巻の頭の数ページだけ読めるようです。


この作者の作品の特徴は、やたらと無駄な裏設定が多いところです。
それぞれは割とありがちな、とゆーかぶっちゃけ中ニ病的な設定なのですが
それが主人公やメインキャラだけではなく、サブキャラやちょっとした脇役
更には世界設定や歴史設定に関しても、無駄に大量の裏設定があるよーです。

当然そんなものが作中で全部消化できるわけもなく、膨大な裏設定は
ほぼ投げっぱなしのままで、僅かに単行本の隅っこなどに年表や
設定集、用語辞典といった形で示されるだけです。

そんなぶっちゃけ作者の自己満足に過ぎない設定群ですが
これが妄想力逞しい一部のファンに大受けで、僅かに断片が示された設定から
色々想像したり類推したりして楽しむという楽しみがあったりします。

本来漫画とゆーものは作品自体で語るべきで、そーいった補足的なものに
頼るのはどーかとゆー言もあるかとは思いますが、まーオマケのような物なので。
そーいったアレな楽しみ方を抜きにしても、割と面白いとは思います。


作画に関しては、ほんとーに初期の読み切りやドリムゴードの1巻の頃に
比べると、随分マシにというか見やすくなりました。
まだまだ見づらかったりする面はありますが、それはこの作者の味ということで。

しかし次回作は中西せんせーは原作担当で、作画は別の作家が担当する模様。
ブレイドの編集部は絵に問題があると考えているのでしょうか・・・?
絵柄云々以前に人を選ぶ内容だということをまず理解して欲しいです。


ってここまで書いていて、内容に全然触れてないことに気がつきました。

一応あらすじを紹介すると、舞台は剣と魔法と機械の世界「新世界大陸」。
主人公の剣崎剣太郎君は普通の学生でしたが、実は大陸を統べる
十三名家のひとつ、剣皇家の跡取り息子らしーということで敵に襲われます。

そんな感じで、世界の命運を巡ってなんだか凄い戦いに
巻き込まれていくらしーです。そんなお話です。

ていうか凄い戦いが始まるところで連載打ち切られましたよ?@ヮ@
俺たちの戦いはこれからだー的なカンジで。

やっぱり序盤の進みが遅すぎたなーとは思うんですけどね。
単行本に今後の展開を示唆する各キャラの年表が載ってるんですが
その約半分しか進んでないですから。


・・・まー何はともあれ完結です。
ドリムゴードの最終巻のときは、雑誌連載時と単行本とで、修正どころか
まったく結末が違うというひじょーにビックリなチャレンジを見せてくれた
中西せんせーですが、今回は割と普通でした。

最終巻の巻末に、今後の展開のダイジェスト予告編や
おなじみの用語辞典なんかがついています。

それを全部読めばある程度今後の展開の予想はつきますが。
それらを最後にどー締める予定だったのか、読めないのが残念です。


その辺りの感想やらはいちおーネタバレになるので
続きを読むの後に格納しておきます。
この↓は万が一今後読む予定の方は見ないほうがいいですし
逆に読んだことない方にはまったく意味がわからないと思いますが==;

[ 2008/09/23 ] | 漫画の感想とか | コメント(0)

魔王様とか創立記念祭とか

モロクが崩壊してしまう!とゆーことで以前から話題だった
魔王モロク復活のパッチですが、めでたく今日実装されました。
随分先のような気がしていたのに早いものです。

随分前の話になりますが、それまでちょこちょこと触ってみる程度だったROを
私が本格的にやり始めたとき、生れ落ちた町がモロクでした。

だからモロクや砂漠マップのBGMは非常に印象に残っていて
ROで一番好きな曲だと言って過言ではありません。
あのオリエンタルな雰囲気の砂漠の町は、私の故郷といってもいいくらいです。

そのモロクが崩壊してしまう><とゆーとちょっぴり寂しいですが
町自体は残ってますし、住民の皆さまも難民キャンプに退避されてるので
まーいいのかなあ・・・とか思ったりします。


そんなわけで実装されたモロクパッチ、当然モロク関係のクエストやらが
メインなわけですが、その辺はめんどーなのでレッツあとまわしです。

やはり新パッチといえばお金儲け!
私は普段ほとんど狩りをしないので、何かこーいうチャンスの時にでも
頑張らないと財布がスッカラカンになってしまうのです。

ラヘルだったかの時には、プロ北でトードやらさすらいやらを倒して
実装されたばかりのスパノビ装備、天使シリーズを乱獲して
結構儲かったのでした><b

しかし今回のそっち系のメインは新カードとスロットエンチャント。
えんちゃんとは速攻兄貴斧を何本か折って、自分の運の無さを
再確認するに留めました==

あとは新カードを落とす敵を倒すしかないでしょうか。
とゆーわけで聖域で少しホドレムリンなどをつついたりしています。
でもカードですから・・・出ないでしょうね_| ̄|○


とゆーわけでモロクパッチの感想はそんなところでしょうか。
実装日である今日はさすがにたくさんの人がUCに来られて
お久しぶりな方などもチラホラと。

モロク実装が近づくにつれて、先週あたりから今回のマップ変更でUCが
次元の狭間に飲み込まれてしまわないかと心配して
様子を見に来てくださる方も何人かおられました。

本当にありがたいですし、そんな風にUCのことを気にかけていてくれる
皆さんのおかげで、UCはここまでやってこられたのだと思います。


そう!そんなわけでUCもめでたく10月24日で創立6周年!
今年も創立記念祭の時期が近づいてまいりました><b
まだ色々と未定なんですが、とりあえずいつもの特設ページだけは置きました。

6周年バナー

イベント資金を集めるための資金狩りには既にちょこちょこと行っていて
皆さんの協力で既に数Mくらい溜まっております。
できれば血枝とか欲しいなーとか思いつつ、頑張っていきたいと思います。

また、創立祭にあわせてイベントをやってくれる方も大募集ですので
何かやってみたい!という方はぜひぜひ声をかけていただくか
掲示板にでも書き込んでいただけるとありがたいです。

賞品などは前述の資金から出せると思いますし、必要なのは
アイデアとやる気だけです><b
どうぞよろしくですよー。
[ 2008/09/10 ] | ラグナロクとか | コメント(3)
【Amazon】
最近読んだ漫画・ラノベなど


円環少女
サークリットガール (13)
長谷 敏司


モテモテな僕は世界まで
救っちゃうんだぜ(泣) (7)
谷 春慶


俺がお嬢様学校に庶民サンプル
として拉致られた件 (7)
七月 隆文


アクセル・ワールド (15)
川原 礫

最近の記事&コメント

【Amazon】検索

月別 過去雑記

雑記内検索フォーム

管理メニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。