宇津帆堂雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

ライブ亀ラとか

UCでは皆さまお馴染みのライブカメラですが、それに対抗して
ライブ亀ラなど作ってみました。
亀ラなので当然リアルタイムで亀をライブするカメラです。

実はライブ亀ラは、以前にも試験的にやってみたことはあるのですが
設置や準備やらが意外とめんどーだったのと、何より
亀さんは夜には覆いを被せて、電気を消して寝かせてしまうため
私やUCの活動時間にはほとんど見れない><;という問題がありました。


そこで今回は、赤外線ライト付きで真っ暗でも見えるとゆーウワサの
WEBカメラを買ってきたのです><b

この機種には、画質が30万画素130万画素の2種類あったのですが
30万画素が2500円、130万画素が4000円とゆーお値段。
かなーり悩んだ結果、とりあえず安いほうでいいやということに。

コレで夜に(ー◇ー)と眠ってるカメさんをバッチリ撮影できる・・・かも?

そんなわけでさっそくもそもそと設置してPCと繋ぎます。
ライブカメラ用のソフトは、有名どころの「LiveCapture2」を導入。
フリーソフトなのに素晴らしい性能です。

そしてライブ亀ラ、レッツ起動!


亀ラ01


亀ラ02


亀ラ03


バッチリ映ってますね><b

続いて電気を消して真っ暗にして撮影!
暗くなると自動で赤外線ライトがつきます。


亀ラ04


亀ラ05


結構映ってますねー。
流石にカメさんが奥に行ってしまうと見えませんが
肉眼では真っ暗にしか見えないことを考えればたいしたものです。

誤算だったのは、赤外線ライトも水槽に反射してしまうのですね==;
画像中ほど右側の光ってるのはそれなのです。


とゆーわけでライブ亀ラの設置は無事完了しました。
このWEBカメラを使ってみて一番関心した点は
赤外線機能よりも、レンズの視野角が広い(78度)ことだったりします。

以前使っていた安物カメラは、視野角が狭かったため
水槽からかなーり離れたところに設置しないとまともに撮れなかったのです。
対してコレは、水槽のすぐ横に設置しても全体が見えます><b

しかし・・・やっぱり画質が微妙ですね==;
依然使っていたWEBカメラよりは大分マシですし
ライブカメラとして、640×480サイズくらいの画像を表示させるならOKです。

しかし、あわよくばこれを使ってカメ動画でも撮りたいなーと思っていたので
それにはちょっと厳しいなーと><;
まーそれはまた今後の課題としましょう。


とゆーわけでひとまず完成したライブ亀ラ!
UCのライブカメラのページの一番下にこっそりあります。
よかったら皆さまもカメさんでも見て心を和ませて下さい。

私の気が向いたときにしか動いていませんが
そもそも私が自分で楽しむために設置したので問題ナシです==

私が出先でカメさんの様子を見たり、真っ暗な中で寝てるカメさんを
覗き見したりできればおーけーなのですよ><b
[ 2008/05/11 ] | カメさんとか | コメント(2)
コメント
この記事へのコメント
(・◇・)カメ・・
2008/05/13(火) 14:03 | URL | DEUNAN #-[ 編集]
(・◇・)
2008/05/20(火) 23:18 | URL | 宇津帆 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
【Amazon】
最近読んだ漫画・ラノベなど


円環少女
サークリットガール (13)
長谷 敏司


モテモテな僕は世界まで
救っちゃうんだぜ(泣) (7)
谷 春慶


俺がお嬢様学校に庶民サンプル
として拉致られた件 (7)
七月 隆文


アクセル・ワールド (15)
川原 礫

最近の記事&コメント

【Amazon】検索

月別 過去雑記

雑記内検索フォーム

管理メニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。