宇津帆堂雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] | スポンサー広告

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の感想とか

とゆーわけで見てきましたよ、ヱヴァの新しい映画の二作目><b
ちなみにネタバレに関わる話は、続きを読むの先に格納しています。

えヴぁんげりおんについては、もはや説明するまでも無いと思いますが
それを10年ぶりに作り直したリメイク版の映画をやってるわけです。
全部で三部作らしーですが、これはその二本目とゆーことで。


いやー、しかし今回は面白かったです。

なんとゆーか一作目の「序」は、所々に以前とは違うポイントを出しつつも
基本的に大筋は昔のままの話でした。
なので見てても「あー懐かしいなあ」とか「映像綺麗だなー」とは思うのですが
それ以上のものではありませんでした。

ところがどっこい今回の「破」は、序盤から飛ばしまくりで
徐々に以前の話とは流れが変わっていきます。
そしていよいよ驚きの展開に!と目が離せない2時間でした><b

基本的に旧作のダイジェスト的な部分も多いわけですが
あまりそれを感じさせないくらい綺麗にまとまっていたと思います。
たまに展開速いなーと思う部分もありましたが、それも大したことはなく。

とゆーかグレンラガンの劇場版に比べれば可愛いものです==
アレはTV版がそもそも展開が超速い作品だったのを
更に4時間に圧縮してしまったのでえらいことになってましたし。

あとは、キャスティングが旧作と全く変わっていないので
最近はアニメであまり見ないよーな方々の声が聞けたのもよかったです。
岩男潤子さんとか岩永哲哉さんとかみやむーの人とか。
みやむーの人なんてかなり久々じゃないかと思うのですが
ほとんど違和感の無い演技でさすがでした。


そんなわけで今回の劇場版「破」、かなり良かったと思います。
昔エヴァを見てた人なら間違いなく楽しめるかと。
ただしエヴァの予備知識が全く無い人や、内容を完全に忘れてる人は
ついていけない可能性がありますが==;

次回作もとても楽しみなのですが、「序」から「破」まで2年かかりましたので
次も早くて2年後かなーと思うとちょっと辛いものが。

そいえば今週の金曜ロードショーで「序」を放送するらしーですし
それを見てから劇場に足を運んでみるのもいいかもしれませんよ><b



そして内容に関するネタバレは続きを読むの先に反転で。




こっからネタバレ全開ですー。


さて、上で「序」よりずっと展開が激しいと書きましたが、それもそのはずで
「序」がTVシリーズの1~6話に当たるのに対して
「破」は内容的に19話まで行ってしまってる上に一部旧劇場版の要素まで。
しかも新キャラ新展開てんこもりなので、そりゃ激しいです。

出だしから新キャラが大暴れしたり、いきなり新エヴァが
吹き飛んだりとやりたい放題でしたね><b
ていうか5号機超カッコイイと思うんですが、5分くらいで退場とか!

基本的に大まかな流れはTVシリーズを踏襲してはいますが
敵は全てリファインされたデザインの新使徒ですし
ストーリーもただ展開を圧縮しているだけではなくて、少しずつ
以前とは違うのだということが感じられてくるのが良かったですね。

キャラクターに関しても、レイはより人間らしく、アスカはちょっと素直に
他のキャラや人間関係も少しずつ良い方向に変わってる気がします。
それはいーのですが、なんとゆーかシンジ君に関しては
ヘタレだからシンジ君なのだと思うのです。

クライマックスのゼルエル戦での、あんな熱血ヒーローさんは
僕らの知ってるシンジ君じゃないですよ>ヮ<

「綾波を・・・返せッ!!!」と叫んでゼルエルをボコボコにするシンジ君。
伝統の台詞、「私が死んでも変わりはいるもの」と言うレイに
「代わりなんて居ない!!」と言い切るシンジ君。
自分を助けるのは諦めてくれというレイに対して
ボロボロになりながら手を差し伸べて「来いッ!!綾波!!」と叫ぶシンジ君。

いや、展開としてはとても熱くて素晴らしかったのですが
やはり昔から見ている人間としてはどこか違和感が=ヮ=

そして最後の最後に出てきて美味しいところを持っていったカヲル君。
「今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ」とゆー台詞は
やはりこの世界がジョジョ風に言うと一巡してきた世界だからなのでしょうか?
最近はループ物も珍しくないですしねー。

何にせよ新キャラが大活躍し、アスカは一時退場、
更には爆死する筈だった2人目のレイを救えた?ことで
決定的に以前とは違うルートへなだれ込むことになった今回の劇場版。

次回は序破急の急かと思いきや「Q」とか==
予告でもエヴァ8号機がどーとか相変わらずやりたい放題ですねっ。

最後に、個人的に今回一番ツボだったのはアスカが持っていた携帯ゲーム機。
あのピュイーンという耳慣れた起動音とあのボディ。
・・・紛れも無くワンダースワンじゃないですかΣ( ̄□ ̄;
PSPで新劇場版エヴァのゲームが出るというのに、あえてスワンを持たせる。
その英断に感動しました=ヮ=


とゆーわけでネタバレ感想はこのくらいで><b
[ 2009/06/29 ] | 雑記 | コメント(1)
コメント
この記事へのコメント
4部作だけどな
2009/07/07(火) 02:21 | URL | DEUNAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
【Amazon】
最近読んだ漫画・ラノベなど


円環少女
サークリットガール (13)
長谷 敏司


モテモテな僕は世界まで
救っちゃうんだぜ(泣) (7)
谷 春慶


俺がお嬢様学校に庶民サンプル
として拉致られた件 (7)
七月 隆文


アクセル・ワールド (15)
川原 礫

最近の記事&コメント

【Amazon】検索

月別 過去雑記

雑記内検索フォーム

管理メニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。